九重連山の山並みが美しい:タデ原湿原

九重連山の山並みが美しい:タデ原湿原

タデ原湿原

九州には特徴のある山が多い。タデ原湿原は九州の最高峰北岳が見える美しい場所である。ただ、訪れた時は山焼きの後で湿原に緑はなかった。

タデ原自然研究路

タデ原湿原は九重連山の北側の標高約千メートル付近に広がる火山地形の湿原である。山岳地域に形成された中間湿原としては国内最大級の面積を持つことなどから、国際的にも重要な湿地と認められ、ラムサール条約に登録されている。

タデ原湿原は木道が整備されており、長者原ビジターセンターから3つのコースが体力や時間によって選べるようになっている。

A)タデ原絶景コース  :所要時間 約20分
B)タデ原1週満喫コース:所要時間 約40分
C)草原・森コース   :所要時間 約60分

AとBは湿原の中だけを歩くコース。訪れた時は山焼きの後で、湿原は山焼きの後だったので まだ植物が育っていないのが残念であった 。5月になれば芽吹いてくるのであろう。

九重連山の星生山
九重連山の星生山

Cはこれに林の中が加わるコースである。林の中は少し高低差があるので、足への負担が多少大きくなる。林の中は大きな石が転がっていた。火山の影響であろうか。

タデ原湿原の林部分
タデ原湿原の林部分

水が湧き出しているところがあったが、温泉の様相を呈していた。

火山性の湧き水
火山性の湧き水

九重連山について

タデ原湿原は九重山脈が美しく見えるところである。周囲の山も綺麗である。

九重連山は九州の中央、大分県玖珠郡九重町から竹田市久住町の北部に位置する火山群である。 東西は13km、西側には久住山系の山々、東側には大船山系の山々が並んでいる。最高峰は九州の最高峰でもあり、日本百名山にも数えられている中岳である。

野焼き後のタデ原湿原
野焼き後のタデ原湿原

九重山は現在も活動しており、噴火警戒レベルは1ある。約20万年前から活動している比較的新しい火山群で、そのなかで約1600年前に噴火して形成された九重連山の東に位置する黒岳は最も新しい山です。周辺地域は地熱地帯になっています。

クラブツーリズムのツアー記録

タデ原湿原はクラブツーリズムのツアーで観光したものであり、記録のため、その内容を記載しておく。

別府のホテルを9時に出発する。高速道路を通り1時間半ほどでタデ原湿原に到着する。ここで1時間10分ほど散策の時間となる。多くの人は一番長いCコースを散策していた。