一人でリコーダーの四重奏

一人でリコーダーの四重奏

Zoom R8

バスリコーダーを買ったが、練習が単調なので、マルチトラックレコーダーを使用して、一人で簡単な四重奏の録音をして、楽しんでいる。

マルチトラックレコーダー(MTR)とは多重録音できるレコーダーである。私の持っている機器は8トラック仕様なので、工夫すれば、8重奏まで録音できるが、現実的にはステレオ録音で四重奏が一番使い勝手がよい。

コンデンサーマイクが二つ内蔵されており、本体だけでステレオ録音が容易にできる。音の小さいリコーダーで使えるか多少心配であったが、さすがコンデンサーマイクであり、性能は想像していたより素晴らしい。リコーダーの小さい音でも綺麗に録音されており、吹き方の欠点などしっかり分かる。但し、分かっても簡単に直るもではないが。

使用法は簡単で、内蔵されているメトロノームの音をイヤーフォンーで聞きながら最初はどこかのパートを録音する。次に、最初に録音したパートを聞きながら次のパートを録音する。メトロノームはガイド音として使用する。このようにして次々と録音を重ねていけば出来上がりである。

各トラックを独立して録音できるので、最初に録音したパートでも、後から、他のパートの録音を聞きながら再録音することができる。私の場合は最初はミスがあってもメトロノームに合わせて最後まで録音し、徐々に各パートともミスを少なくして完成させている。このように録音すればどのパートでも合奏となるので練習していて気持ちがよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です