盛岡の近代建築

盛岡の近代建築

盛岡高等農林学校

盛岡には近代建築など趣のある建物が多く残されている。市も保存に力を入れているようである。盛岡の観光地となっている建造物は中の橋、紺屋町など盛岡城跡公園の近くに集中している。盛岡ではそれらの建造物を重点的に見た。

宣教師館

盛岡駅から公園に行く途中の大沢川原に趣きのある建物が建っていた。これはジャーマン・リフォームド・チャーチ教団が下ノ橋教会に派遣した宣教師のために大正9年に建てた宣教師館で、大正時代の純洋館として貴重とされ盛岡市の保存建造物に指定されている。

盛岡の宣教師館
盛岡の宣教師館

岩手銀行中ノ橋支店(旧盛岡銀行)

城跡公園から中ノ橋の渡り少し歩いたところに国の重要文化財に指定されている岩手銀行中ノ橋支店(旧盛岡銀行)がある。この建物は東京駅丸の内口の赤煉瓦駅舎で有名な建築家辰野金吾が設計したもので、明治44年に旧盛岡銀行本館として建設されている。

外観は煉瓦造り2階建て、1部3階建ての部分がある。建物正面は六角形の平面でこの部分だけが3階となっており、柱飾りやレリーフで正面性を演出している。外壁は辰野金吾が得意な赤煉瓦を主体とし、白色の花崗岩をライン状にはめ込み水平を強調している。

辰野金吾の設計した東京駅駅舎や旧高岡共立銀行本店も見たがどれも素晴らしい。どうもこれは盛岡銀行本店の設計で得た経験が自信になっているのであろう。北東北の旅行の中で見た近代建築の中では一番気に入った。

岩手銀行旧本店
岩手銀行旧本店

もりおか啄木・賢治青春館(旧第九十銀行)

紺屋町とは反対方向になるが、近くに啄木・賢治青春館(旧第九十銀行)がある。この建物は旧九十銀行本店本館として明治43年(1910)12月に竣工。19世紀末の欧州での建築運動をいち早く反映させたものとして、国の重要文化財になっている。現在は資料館になっており、盛岡で青春時代を過ごした石川啄木と宮沢賢治の資料が展示されている。

内部には営業室、金庫室、頭取室、応接室、総会室などの部屋がある。当時の銀行の様子を知ることが出来て興味深い。現在は石川啄木や宮沢賢治に関する企画展や盛岡ゆかりの美術展などが開催されている。青春時代を盛岡で過ごした石川啄木や宮沢賢治の足跡を知ることが出来て興味深い。

啄木・賢治青春館(旧第九十銀行)
啄木・賢治青春館(旧第九十銀行)

旧盛岡貯蓄銀行(現盛岡信用金庫本店)

紺屋町に行く途中に旧盛岡貯蓄銀行(現盛岡信用金庫本店)がある。これは葛西建築事務所の設計で、昭和2年に竣工している。盛岡市の保存建造物に指定されている。

旧盛岡貯蓄銀行(現盛岡信用金庫本店
旧盛岡貯蓄銀行(現盛岡信用金庫本店

 紺屋町番屋

その先の十字路のところに紺屋町番屋があった。これは盛岡消防の「よ組」の番屋として大正2年に建てられ建物で、消防施設の変遷を知るうえで貴重な建物とのこと。

岩手大学の重要文化財建築

上の橋からはかなり離れているが、岩手大学の重要文化財に指定されている建物を見に行った。岩手大学の構内は関係者以外立入禁止となっているが、重要文化財の写真を撮らせてもらうということで無断で入った。

盛岡高等農林学校旧本館

宮沢賢治も6年間学んだ木造の国の重要文化財の校舎。シンプルで非常に美しい校舎である。

盛岡高等農林学校
盛岡高等農林学校

木造の門番所

旧正門の横に木造の門番所の建物があった。これも国の重要文化財に指定されている。

盛岡高等農林学校の木造の門番所
盛岡高等農林学校の木造の門番所