本州と九州を結ぶ関門人道トンネル

本州と九州を結ぶ関門人道トンネル

関門人道トンネル

本州と九州を歩いて渡れるトンネルである。トンネルであるため見る価値のあるものはないが、記念にはなる。

関門人道トンネルについて

関門海峡で本州と九州が最も近いあたりにトンネルはある。トンネルは上下に区切られており、上は車道、下は人道で歩いて渡れるようになっている。両岸の道路沿いに出入口となる建物が建てられている。エレベーターで下に10階程度(60メートル)ほど降りると本州と九州を結ぶトンネルがある。

歩行者用のトンネルの長さは780メートル。健康のためやイベントで歩いている人は結構多い。我々は歩くのを主体としたツアーであり、このトンネルを往復することになっている。

トンネルの中ほどには福岡県と山口県の県境の標識がある。中間地点が多少下がっているようで中間地点を過ぎると多少足に付加が加わる。

対岸の下関側に着くとまたエレベータがある。これで55メートル登ると地上にである。海際にみもすそ川公園が作られている。

多くの古戦場があるところ:
みもすそ川公園

山口県側の壇ノ浦には歴史上の事件が多く起こっている。

巌流島の決闘

武蔵と佐々木小次郎が対戦した巌流島は山口県側から400メールに浮かぶ関門海峡の小島である。現在は船島と言われている。

平家と源氏の壇ノ浦の戦い

平安時代に平家と源氏が最後に戦ったところである。みもすそ川公園にも源義経と平知盛の像が作られている。また、みもすそ川のレプリカの橋が作られているが、これは、みもすそ川というのは伊勢神宮の五十鈴川の別名でこの流れの先に天国があると信じられており、二位尼が安徳天皇を抱いて入水自殺を行うとき
みもすそ川の流れる先には天国があると諭した史実に基づくものである。

下関戦争の舞台

江戸時代の末期、長州藩が攘夷の決行として、関門海峡を航行中するアメリカ・フランス・オランダ艦船に砲撃した場所である。事件を起こした翌年には反撃され、砲台を徹底的に破壊されている。

クラブツーリズムのツアー記録

関門人道トンネルのウオーキングはクラブツーリズムのツアーとして行ったものである。このツアーの記録として残しておく。

門司レトロから15分程度バスに乗り関門人道トンネルのある場所に移動する。関門人道トンネルで1時間の自由行動となり、添乗員の案内のもとトンネルを往復する。

ウオーキング終了後は宿泊先に別府のホテルに向かう。ホテルまでは1時間ほどかかるので途中で短いトイレ休憩があった。